月極駐車場でいたずらに遭わないためには

自宅に車庫があっても、
戸締まりができれば問題はないが、
屋根があるだけなどのタイプだと、
盗難やいたずらに遭ってしまうのが、現在である。

ましてや自宅から遠く離れた場所に、
月極駐車場を借りていれば、心配は大きくなってしまう。
これは企業にとっても同じ事である。

防犯対策として、
防犯カメラを設置したりしているが、それでも、犯罪は後を絶たない。
抑止力は期待できるが、おもしろ半分やうっぷん晴らしの対象になってしまうのである。

平面駐車場で、
四方がフェンス等で囲まれていても、出入り口からはいることは自由であったりする。

月極駐車場に限らず、
他の形態の駐車場であっても、24時間警備員が常駐している駐車場は少ない。

そこで、月極駐車場を利用する上で、
もっとも防犯対策として有利に働く駐車場はと言うと、立体駐車場である。
その中でも機械式が有効でしょう。

機械式の立体駐車場で、
不特定多数の車を狙った、放火は無理かも知れないが、
特定の車を狙った犯罪を犯すには、
犯人は命をかけなくてはならなくなってしまい、抑止には役に立つと思われる。

イタズラ

形態別に見た、月極駐車場

月極駐車場はごく一般的であり、
全国的に見ても最も多い契約タイプの駐車場である。

経営する側には安定性が見込めることが利点であり、
利用者から見ると、契約しやすいタイプである。

契約しやすいとは、利用者の生活面、事業面から見たもので、
時間単位や一日単位だと、短すぎて契約が煩わしくなってしまう。
一年ごとの契約では、一年先の生活、事業の見通しを附けにくいことがあげられる。

この月極駐車場には、
多くの場合、設置される場所によっていろいろなタイプに分けられる。
平面タイプ。
ごく一般的なもので、都市部でも地方でも見られるが、
広い面積の土地の確保が問題になることがある。
しかし、駐車場そのものの、設置費用は少なくて済む。

次は立体的に駐車しようとするタイプ。
このタイプは設置しようとする場所を選ばない駐車場といえる。
このタイプは、さらに自走式と、機械式に分けられる。
月極駐車場を経営する側には、土地の広さに制約されることが少ないので、
自分が所有する土地の環境によって、バリエーション豊富に選択できるのが利点である。

契約の種類から見た月極駐車場

駐車場には、無料のものと有料のものがあり、
月極駐車場は有料駐車場である。

有料駐車場にも様々な契約方法があり、
時間単位、一日単位、月単位、年単位、定期的に使用する契約のタイプがある。

月極駐車場は月単位で使用契約を結ぶものであり、
月ごとに契約を更新していくタイプである。
月ごとに更新されるため、他のタイプに比べて契約が継続される確率が高い。
そのため、都会、地方にかかわらず、全国的に一般に使用される契約方法である。

駐車場を経営する場合、
継続性が見込めるので、収入の安定性が期待できるため、
ごく一般的に用いられる。

時間単位の契約は、鉄道の駅周辺に多く見られ、時間ごとの利用率の変動が大きい。
一日単位の契約も鉄道、バスのターミナル周辺に多く見られる。
この契約では、曜日ごとの変動が大きく、平日と休日では大きな差が見られる。
年間契約は月極駐車場のように安定性が見込めるが、
契約者数から見ると、月極駐車場の方が多いようである。
使用する側から見ると、契約しやすさが利点になっている。

契約

「月極駐車場」は何と読む

この「月極駐車場」という文字は町中を走っていると、
よく見かけます。
「月極駐車場」はつきぎめちゅうしゃじょうと読みます。

中学生、高校生の正解率は50%位ではないでしょうか。
大人でも、もしかしたら間違っている人がいるかも知れません。
つきぎめちゅうしゃじょうと読ませるのであれば、
なぜ「月決め駐車場」ではないのでしょうか。

「月決め駐車場」とすると、
月単位という期間を定めるだけになってしますからです。
駐車場ですから、
料金の契約が必要になりますが、その要素が含まれないことになってしまいます。
契約期間は月単位で、
料金はいくらかと言うことも定める、契約すると言う意味を持たせるために、
月極駐車場という文字を使い、「つきぎめちゅうしゃじょう」と読ませます。

しかし、よく調べてみますと、「げっきょく」と読んでも間違いではないのです。
「月極」と書いて、「げっきょく」と読む名字があるのです。
げっきょくさんが経営する○○という意味を持たせるのであれば、問題はないのです。
逆に、「つきぎめ」に決まっているじゃないかと言われたら、
げっきょくでも良いんだという事を話してもおもしろいかも知れません。

Copyright © All Rights Reserved · Green Hope Theme by Sivan & schiy · Proudly powered by WordPress