駐車場の広さはどのくらい必要?

駐車場の広さってどのくらい必要なんでしょう?
基本は1台につき約23m2(7坪)だそうです。

1台分の広さって法律で決まってたんですね。
この広さは知りませんでした。中には知ってる人もいるんでしょうね。
1台分の広さを知っていれば、地主さんなどは7坪×停められる台数で月極駐車場にしてサイドビジネスもできるんではないんでしょうか?

立体駐車場も同じで土地がそんなに広くなくても立体にすればかなりの数の車が停められます。
この中で時間貸し駐車場と月極駐車場の割合を決めて経営する感じですね。

また、私は知らなかったんですが、駐車場を作る時に絶対作ってはいけない場所があるんですね。
交差点やバス停、踏み切り、横断歩道などの付近は駐車場の広さを確保してても国からの許可がおりないそうです。

ただ、先ほどあげた場所よりも距離をあけていれば設置は可能なんだそうです。
その距離はだいたい5メートルから10メートルくらいなんだそうです。
確かにバス停の近くでも駐車場までは距離がありますね。

こういうことだったんですね。始めて知ることばかりだったので、駐車場の設置に関したことも書いてみました。
一番の驚きは車1台分の広さが7坪ってことでした。
これを基準にして停める台数を決め、駐車場を設置するんですね。

駐車場

管理人の仕事って難しいの?

駐車場の管理人の仕事って難しいんでしょうか?
よく駐車場に車を停めたりすると、場所によってなんですが、常駐している人を見かけたりしませんか?
この人達は管理人さんなんでしょうか?それとも雇われている方たちなんでしょうか?

色々疑問が浮かんでくるんですが、管理人の仕事がどういうものなのか気になったのでちょっと調べました。

駐車場の管理人さんの仕事は、月極駐車場の管理はもちろんなんですが、契約や解約などの手続きだったり、
先ほども書いたように場所によって駐車場に常駐している管理人さん、もしくは雇われているかたがいる事もあるみたいです。

また不動産会社が管理している月極駐車場も雇われてる人がいるみたいです。
不動産会社は幾つもの駐車場を管理しているのでそれぞれの担当者が自分の担当の駐車場の状況を把握しておかなければならないそうで、何かあった場合にすぐに対処できるようにだそうです。

担当している駐車場ってどのくらいあるんですかね。
管理人の仕事については疑問だらけになってしまいましたね。
これで分ったことは管理人の仕事って難しくもあり、簡単でもあり、両方を備えた仕事だということです。

Copyright © All Rights Reserved · Green Hope Theme by Sivan & schiy · Proudly powered by WordPress