露天の月極駐車場は注意して止める

“誰でも入ってくることのできる青空の月極駐車場を借りる時には、止める側にも注意と覚悟が必要になります。
露天の駐車場の場合、何かが起こってもオーナーや駐車場を管理するところは責任を持ってくれません。

月極駐車場を借りる時に、その駐車場にどういう設備があるかの確認はしておきましょう。車の持ち出しが出来ないように入口の設備はちゃんとしているか、監視カメラなど不審者に対する設備があるかを見てみましょう。
設備がしっかりしていると金額が高くなりますが、すこしは安心することができます。

設備がしっかりしているといって、車の中に荷物を放置するなど慢心してはいけません。特に取り忘れることの多いETCカードや音楽プレイヤーは、車上荒らしの元になってしまいます。

露天にそのまま車を放置する状態になるので、強い風や雨など天候が荒れると吹き飛ばされた石などで、車に傷がついてしまいます。野良猫や野良犬、野生動物が原因の傷や汚れもありますから、少し面倒に思っても、車にカバーをかけるなどの対策を考えておきましょう。”

駐車スペースの広さも大事な月極駐車場

“大切な車を止める場所である月極駐車場は、現場などをよく見て慎重に決めなければなりません。家から近いというだけで決めると、意外に不便なところが出てくることもあります。

まず、駐車スペースが自分の運転能力できちんと車を止めることができるか確認しましょう。細かな切り返しが必要な駐車場などでは、運転技術が高くなければ止めるのが困難なことがあります。縦列駐車が必要なほど狭い月極駐車場もあり、運転に自信がない初心者や大きな車では駐車が難しくなります。

駐車場が面している道路の交通量が多いか少ないかも確認しておきましょう。交通量の多い大きな道路に面していると、利用に便利と思われますが、交通量が多くて車を出すのが難しかったり、狭い駐車場だとバックで出し入れする場合、危険なことがあります。

近くに樹木が生い茂っているところも、落ち葉や鳥のフンなどの被害に見舞われてしまうことがあります。汚れると大変な松脂が落ちてくる可能性の高い松と、季節によっては臭いの被害があるいちょうには注意しましょう。”

駐車場

Copyright © All Rights Reserved · Green Hope Theme by Sivan & schiy · Proudly powered by WordPress