月極駐車場でのトラブル

月極駐車場でのトラブルはあって当たり前、と考えた方がいいかも知れません。
自分のスペースを他人が勝手に使っていた。
ゴミで汚された。
積もった雪を他から持ってこられて、車を出せなくなってしまったなど、
小さな事も含めれば、数え切れないくらいかも知れません。

ただ、これをいちいち管理会社などに報告して、処理を頼んだとしても、
解決にはおそらくならないでしょう。
逆にご自身がクレーマーに決めつけられて、
最悪の場合、契約解除の通知を受け取ることにもなりかねません。
契約書あるいは、月極駐車場の敷地の目立つところに、
当駐車場での事故、盗難等にはいっさい関知しません、
などの掲示が必ずあるはずで、
これはほとんどのトラブルについて、自己防衛を求められていると言うことです。
自分で借りているスペースは自分で管理することが基本になります。

こういったトラブルが多いのは平面駐車場で、
立体駐車場、特に機械式の場合にはほとんど見受けられません。
こんな事も考慮した月極駐車場選びも、周辺の環境によっては大切になると思います。

問題

月極駐車場と他の形態の駐車場との併設

月極駐車場は月単位で、使用に関する契約をする駐車場で、
一般に次の月も継続して契約を更新する場合が多いので、
一見安定した経営ができるように思われがちであるが、
実際はそう簡単にはいかないようである。

月極駐車場を設置したと同時に満車になるわけではないし、
転勤時期には、解約されて、空きスペースが増えてしまうことがあるだろう。
法人向けであれば、
企業の統廃合の影響で、一気に多数のスペースが空きになることも考えられる。

そんな時には月ごとの使用料を安くすることも考えられるが、
他の方法として、
一部は月極駐車場として残し、
他は時間貸しや日貸しの駐車場とする複合型にすることも考え出されている。
これは月極駐車場の欠点を補おうとするものである。

ただ、どんなところにある月極駐車場でも良いというものではなく、
立地条件を満たす必要がある。

都市部では有効であろうが、
地方では鉄道の駅周辺弥商業施設が集中する場所に限られるだろう。
これが実現すれば、稼働効率は飛躍的に伸びることが期待できる。

一風変わった月極駐車場

乗用車より小さくても、車両の一種であるバイク。

原付ならば、自転車と同じように家主の許可を得て、
じゃまにならない、片隅に置いておくことが可能かも知れない。
原付でさえ家主がだめと言えば、専用の駐車場に置く必要がある。

ましてや自動二輪ともなれば、ちょっと片隅に置いておくとは、言えなくなってしまう。普通の月極駐車場に止めて置いても構わないのであるが、
乗用車に比べてバイクは乗車するのに、様々な装備品が必要である。
最低限、ヘルメット、手袋、ブーツが必要で、雨になれば合羽も必要である。
それらをいちいち持ち歩くのは、大変なことである。

そこで考え出されたのが、コンテナを利用した月極駐車場である。
バイクはエンジンや駆動系、パーツが露出しているため、
こまめなメンテナンスが必要であるが、
コンテナ型の月極駐車場であれば、
道具類、補修用品の収納が可能なため、ライダーにとっては最適である。
そこで簡単なメンテナンスもできるし、着替えも当然できる。
いたずらや盗難からバイクを守ることも可能である。

バイク

経営方針から見た月極駐車場

駐車場には、使用する期間を契約条件にした分類がある。
時間貸し、日貸し、そして、月極駐車場。年契約の駐車場。

時間貸し、日貸しの駐車場は都市部や駅周辺、商業地に多く見られる駐車場で、
コンセプトは「いつ、誰にでも、何度でも」を掲げて、
駐車スペースを提供しようと考えた駐車場です。

これに対して、月極駐車場は一月単位で、
契約したものだけにスペースを提供する形態で、
「いつ、誰にでも、何度でも」という考え方とは、全く逆の発想に基づいています。

経営する側から見ると、
月極駐車場の方が安定した収入が得られるように見えるのですが、
満車の状態であれば問題ないでしょう。
一般に来月も継続して契約を更新する場合が多いようですから。

しかし、個人貸しの場合には、
転勤などによる引越時期には、解約が集中したり、
法人貸しの場合には、
特に不況が続いたりすると、支店等の統廃合による大量の解約が発生したりします。

いずれにしても、すぐ新しい契約があれば問題ないのですが、
どうしても空白期間ができてしまい、一概に安定経営が楽にできるとは限らないようです。

気象条件に左右されない、月極駐車場

大切な車は様々な出来事から、守らなければならない。
たとえ、自宅に車庫が無くても、
車上荒らし、いたずらから守らなくてはならない。

いろいろある月極駐車場の形態のうち、
立体駐車場が犯罪やいたずらから守る上で、最も有効な形態の駐車場と言える。
これは、他の形態の駐車場に比べて、
人の目にさらされることが少なく、機械式の立体駐車場であれば、
なおいっそう安全が確保される。

犯罪者から守るほかに、守らなければならないのは、
厳しい気象条件からである。
車は屋外を走るものであるから、走行しているときは仕方ないことであるが、
せめて走行し終わったときくらいは、厳しい環境から守ってあげたいものである。

特に、日本の雨は酸性であるため、
いくら頑丈な塗装であっても、風雨にさらされていては劣化はさけられない。
こんな条件から守るためには、
月極駐車場の中でも、立体駐車場が最適である。
使用者にとっても、雨や雪を気にせずに、車から乗り降りできれば、この上ない。

毎日のように使う月極駐車場であるから、快適に使えるものを選びたい。

立体駐車場

月極駐車場で日焼け防止に役立つのは

時々目にするのは、
車の屋根やボンネットが日に焼けて、塗装がはげてしまっている車である。
夏の炎天下、長時間同じ場所に駐車しておいたために、
塗装が劣化してしまったのでしょう。

これは、高級車であっても同じ事。
見た目は購入時と変わらないように見えても、
色合いが薄くなっていたり、汚れが落ちにくくなっていれば、
塗装の劣化が始まっている証拠です。

月極駐車場を利用する場合、
時間単位や一日単位で駐車場を借りる場合に比べて、
同じ場所に長時間止めておく場合が多く、日焼け対策には不利に働いてしまう。

常日頃から、
洗車やワックスがけにここらがけ手いる人であれば、多少防げるかも知れませんが、
最近の真夏日や猛暑日が何日も連続して続く、気象条件では、
どんな高級車にとっても過酷な条件には変わりない。

月極駐車場でこれを防ぐには、立体駐車場が有利である。
平面駐車場でも、駐車のたびにシートをかければ良いのですが、大変な苦労でしょう。

これを簡単に解決してくれるのが、立体駐車場です。
立体駐車場の月極駐車場はまだ、地方では少ないのが現状ですが、なるべく利用したいものです。

月極駐車場でいたずらに遭わないためには

自宅に車庫があっても、
戸締まりができれば問題はないが、
屋根があるだけなどのタイプだと、
盗難やいたずらに遭ってしまうのが、現在である。

ましてや自宅から遠く離れた場所に、
月極駐車場を借りていれば、心配は大きくなってしまう。
これは企業にとっても同じ事である。

防犯対策として、
防犯カメラを設置したりしているが、それでも、犯罪は後を絶たない。
抑止力は期待できるが、おもしろ半分やうっぷん晴らしの対象になってしまうのである。

平面駐車場で、
四方がフェンス等で囲まれていても、出入り口からはいることは自由であったりする。

月極駐車場に限らず、
他の形態の駐車場であっても、24時間警備員が常駐している駐車場は少ない。

そこで、月極駐車場を利用する上で、
もっとも防犯対策として有利に働く駐車場はと言うと、立体駐車場である。
その中でも機械式が有効でしょう。

機械式の立体駐車場で、
不特定多数の車を狙った、放火は無理かも知れないが、
特定の車を狙った犯罪を犯すには、
犯人は命をかけなくてはならなくなってしまい、抑止には役に立つと思われる。

イタズラ

形態別に見た、月極駐車場

月極駐車場はごく一般的であり、
全国的に見ても最も多い契約タイプの駐車場である。

経営する側には安定性が見込めることが利点であり、
利用者から見ると、契約しやすいタイプである。

契約しやすいとは、利用者の生活面、事業面から見たもので、
時間単位や一日単位だと、短すぎて契約が煩わしくなってしまう。
一年ごとの契約では、一年先の生活、事業の見通しを附けにくいことがあげられる。

この月極駐車場には、
多くの場合、設置される場所によっていろいろなタイプに分けられる。
平面タイプ。
ごく一般的なもので、都市部でも地方でも見られるが、
広い面積の土地の確保が問題になることがある。
しかし、駐車場そのものの、設置費用は少なくて済む。

次は立体的に駐車しようとするタイプ。
このタイプは設置しようとする場所を選ばない駐車場といえる。
このタイプは、さらに自走式と、機械式に分けられる。
月極駐車場を経営する側には、土地の広さに制約されることが少ないので、
自分が所有する土地の環境によって、バリエーション豊富に選択できるのが利点である。

契約の種類から見た月極駐車場

駐車場には、無料のものと有料のものがあり、
月極駐車場は有料駐車場である。

有料駐車場にも様々な契約方法があり、
時間単位、一日単位、月単位、年単位、定期的に使用する契約のタイプがある。

月極駐車場は月単位で使用契約を結ぶものであり、
月ごとに契約を更新していくタイプである。
月ごとに更新されるため、他のタイプに比べて契約が継続される確率が高い。
そのため、都会、地方にかかわらず、全国的に一般に使用される契約方法である。

駐車場を経営する場合、
継続性が見込めるので、収入の安定性が期待できるため、
ごく一般的に用いられる。

時間単位の契約は、鉄道の駅周辺に多く見られ、時間ごとの利用率の変動が大きい。
一日単位の契約も鉄道、バスのターミナル周辺に多く見られる。
この契約では、曜日ごとの変動が大きく、平日と休日では大きな差が見られる。
年間契約は月極駐車場のように安定性が見込めるが、
契約者数から見ると、月極駐車場の方が多いようである。
使用する側から見ると、契約しやすさが利点になっている。

契約

「月極駐車場」は何と読む

この「月極駐車場」という文字は町中を走っていると、
よく見かけます。
「月極駐車場」はつきぎめちゅうしゃじょうと読みます。

中学生、高校生の正解率は50%位ではないでしょうか。
大人でも、もしかしたら間違っている人がいるかも知れません。
つきぎめちゅうしゃじょうと読ませるのであれば、
なぜ「月決め駐車場」ではないのでしょうか。

「月決め駐車場」とすると、
月単位という期間を定めるだけになってしますからです。
駐車場ですから、
料金の契約が必要になりますが、その要素が含まれないことになってしまいます。
契約期間は月単位で、
料金はいくらかと言うことも定める、契約すると言う意味を持たせるために、
月極駐車場という文字を使い、「つきぎめちゅうしゃじょう」と読ませます。

しかし、よく調べてみますと、「げっきょく」と読んでも間違いではないのです。
「月極」と書いて、「げっきょく」と読む名字があるのです。
げっきょくさんが経営する○○という意味を持たせるのであれば、問題はないのです。
逆に、「つきぎめ」に決まっているじゃないかと言われたら、
げっきょくでも良いんだという事を話してもおもしろいかも知れません。

Copyright © All Rights Reserved · Green Hope Theme by Sivan & schiy · Proudly powered by WordPress