月極駐車場を借りる時には契約書を確認する

“月極駐車場を契約する時には、契約書をきちんと読み、細かなところも確認するようにしましょう。注意するべきことや禁止事項などは特によく見ておかなければ、あとで困ることになってしまったり、余計な厄介事を引き起こしてしまうことにもなってしまいます。

基本的に交わした契約書の控えは、契約者に渡されることになっています。内容を忘れてしまったり、困ったことが起こった時のために、契約書は解約するまで大切に取っておきましょう。

月極駐車場を解約したい時は、契約書に解約の条件が書かれているので、それに基づき行います。事前に大家や不動産屋に伝えるのはもちろんですが、中には何ヶ月も前に告知しておかないと、解約できないなんてこともあるので、注意が必要です。告知から解約の期限が長い場合は、その間の賃料は払い続けることになるので、注意しましょう。

また、車庫証明などが必用になるため、あまり忘れることはないでしょうが、車を変える時なども大家や不動産屋に告知する必要があります。”

契約

月極駐車場を契約する前に

“月極駐車場はマンションやアパートと同じく賃貸での契約となります。敷金として賃料一か月分を払う場合もありますし、礼金が必要な場合もあるので、探す時には場所だけでなく、契約時に支払う金額も調べて決めるようにしましょう。

月極駐車場は、地主や管理者などが直接貸し出しをしているところは基本的な金額だけで済みますが、不動産屋を通すと仲介手数料が掛ってきます。余計な出費を控えたい場合は、直接地主などに申し込みをするといいでしょう。駐車場の近くなどに「駐車場あります」などと看板が掲げられていることが多いので、気になるところを見つけたら、一度現場を見に行ってみましょう。

時間もなく不動産屋をあたる時は、借りたい近くの不動産屋を探してみましょう。月極駐車場だけを扱っているような不動産屋は数が少なく、いいものは地元密着型の小さな不動産屋が、片手間に取り扱っていることがあります。不動産屋の基本は、やはりマンションやアパートなどの住居の物件なので、なかなか見つからないこともあります。”

屋根のある月極駐車場を借りる

“露天の月極駐車場では、どうしても野ざらしになってしまうため、車が汚れやすく、傷も付きやすい状況になります。車の汚れや傷を避けたいと思う場合は、屋根のある駐車場を探すようにしましょう。

車一つ一つを保護してくれるガレージは、最も安心のできる月極駐車場でしょう。風雨を完全に近く防いでくれますし、車を止めるだけでなく、車に関するちょっとした荷物を置くことも可能です。

よくある露天の広い駐車場ではなく、ビルの中にある月極駐車場もあります。風雨はしのげますが、基本は露天のものと変わらず、誰でも立ち入ることが出来る場所であることも多く、セキュリティがしっかりしている必要があります。地下にある場合は、突然の豪雨などでの浸水が起こることもあります。

あまり知られていませんが、機械式の立体駐車場を月極めで借りることもできます。人が立ち入ることはほとんどないため安心出来ますが、出庫に時間が掛ってしまうことがあります。機械の故障などで出せない時もあり、緊急の連絡先を聞いておく必要があります。”

屋根

露天の月極駐車場は注意して止める

“誰でも入ってくることのできる青空の月極駐車場を借りる時には、止める側にも注意と覚悟が必要になります。
露天の駐車場の場合、何かが起こってもオーナーや駐車場を管理するところは責任を持ってくれません。

月極駐車場を借りる時に、その駐車場にどういう設備があるかの確認はしておきましょう。車の持ち出しが出来ないように入口の設備はちゃんとしているか、監視カメラなど不審者に対する設備があるかを見てみましょう。
設備がしっかりしていると金額が高くなりますが、すこしは安心することができます。

設備がしっかりしているといって、車の中に荷物を放置するなど慢心してはいけません。特に取り忘れることの多いETCカードや音楽プレイヤーは、車上荒らしの元になってしまいます。

露天にそのまま車を放置する状態になるので、強い風や雨など天候が荒れると吹き飛ばされた石などで、車に傷がついてしまいます。野良猫や野良犬、野生動物が原因の傷や汚れもありますから、少し面倒に思っても、車にカバーをかけるなどの対策を考えておきましょう。”

駐車スペースの広さも大事な月極駐車場

“大切な車を止める場所である月極駐車場は、現場などをよく見て慎重に決めなければなりません。家から近いというだけで決めると、意外に不便なところが出てくることもあります。

まず、駐車スペースが自分の運転能力できちんと車を止めることができるか確認しましょう。細かな切り返しが必要な駐車場などでは、運転技術が高くなければ止めるのが困難なことがあります。縦列駐車が必要なほど狭い月極駐車場もあり、運転に自信がない初心者や大きな車では駐車が難しくなります。

駐車場が面している道路の交通量が多いか少ないかも確認しておきましょう。交通量の多い大きな道路に面していると、利用に便利と思われますが、交通量が多くて車を出すのが難しかったり、狭い駐車場だとバックで出し入れする場合、危険なことがあります。

近くに樹木が生い茂っているところも、落ち葉や鳥のフンなどの被害に見舞われてしまうことがあります。汚れると大変な松脂が落ちてくる可能性の高い松と、季節によっては臭いの被害があるいちょうには注意しましょう。”

駐車場

月極駐車場は自宅からの距離が肝心

“月極駐車場を決める一番の基準に、自宅からの距離があります。車を買うために必要な車庫証明は、自宅から2km以内と決められていますが、実際のところ、2kmも離れた場所に駐車場を借りてしまうと、不便でしかありません。歩いて向うには距離がありすぎて時間が掛るだけでなく、雨や雪など天候が悪い時や、夏や冬の気候的に外歩きが厳しい時には苦痛を感じることでしょう。

月極駐車場を借りる際には、自宅から10分圏内のところを探すと便利です。自宅の前にあるのが一番いいのですが、無理な場合でも極力近い場所を重点的に探すようにしましょう。また、立体駐車場などの場合は、車が出てくるまでに時間が掛ることもあり、すぐに車を使うことが出来ない場合もあります。急いでいる時には不便を感じるかもしれません。

自宅のある場所が、住宅が密集している地域などでは、都合よく駐車場があるわけではない場合も多く、歩いてかかる場所や立体駐車場で妥協しなければならないこともよくあるようです。車を買う際には、駐車場のことをまず考えて決めましょう。”

月極駐車場は小さな不動産物件

“小さな不動産物件である月極駐車場ですが、その契約形態は多種多様だと思った方がいいでしょう。
賃貸アパートなど人が住むための物件と同じように、敷金や礼金を必要とする場合もありますし、賃貸料だけで借りることが出来ることもあります。基本は、賃貸料だけでなく保証金などが必要だと考えた方がいいようです。

月極駐車場の多くは、余った土地を活用するために駐車場にして経営していることが多いため、契約などを代理で請け負っている不動産屋によっても大きく変わってきます。不動産屋を通すと紹介料や仲介手数料が掛るのは、賃貸アパートと変わりません。

貸主によって契約解除の期限や内容もかなり差がありますが、基本的に賃貸料は前払いだと思っていた方がいいでしょう。もちろん、遅延や延滞をすると問答無用で契約を解除されることも多いです。賃貸アパートとは違い、人が住むために必要な、電気や水道など様々な契約がない分、貸主によってはあっさりと契約解除になってしまうこともあるので、注意が必要です。”

解除

青空月極駐車場で多いトラブル

“月極駐車場は、一番簡単で安易な不動産契約になっています。場所によっては、契約当日から使用出来たり、印鑑証明などややこしい手続きなしでも借りることが出来ることもあります。車庫証明などの必要な場合でも一週間も猶予をみれば、自由に使える駐車スペースを確保することが可能です。

その手軽さの半面、トラブルも多いのが月極駐車場です。特に屋根や柵などで区切られていない青空駐車場などの場合、無断駐車の被害が後を絶ちません。空いている場所だから停めても構わないという心境から、気軽な気持ちで停める場合が多いようですが、月極駐車場である場合は、お金を払ってその場所を借り受けている人がいるという状況なので、無断駐車はかなり大問題です。

多くの駐車場では、無断駐車を見つけた際には罰金を科すと看板などで忠告しているところが多く、見つけ次第、張り紙などで忠告を行っているところもあります。もし、無断駐車で停めることが出来ないなどの損害があった場合は、ただちに不動産屋や貸主に連絡を取りましょう。”

月極駐車場と車庫証明

“月極駐車場とは、一か月にいくらという契約を結び、自分専用の車を置くスペースを借り受けるものです。
特に、車の購入を考えている場合は、車を置く場所が確保されているという車庫証明がなくては、車自体を買うことができないので、月極駐車場を必要とすることが多いはずです。

車庫証明は道路以外の場所で、車を置く場所を確保しているという証明書のことです。自宅から2km以内の位置にあることが求められ、道路から出入りができ、車全体が収容できるなど、いくつかの規定が存在します。

月極駐車場で車庫証明を取る場合は、借りている駐車場賃貸契約の写しや駐車場料金の領収書などが必要になります。また、契約書の記載が不十分である場合、貸主に保管場所使用承諾書を書いてもらわなくてはならない場合や、不動産業者の契約内容などで車庫証明について言明されている場合など、条件によって変わってくるため、駐車場の契約時の確認が大切です。

車を買うために駐車場を探す時は、車庫証明についても留意して探しましょう。”

車庫証明

車を買う時は月極駐車場の用意も

新車でも中古車でも車を持とうと思うと、必ず必要になるのが車を駐車するスペース、車庫証明が必ず必要になってきます。車を止める場所がなければ、車を買う資格がないということです。

自宅が一軒家などで駐車スペースがあればいいのですが、なかなかそんな好条件の家があるわけでもなく、
月極駐車場を借りて車を置く人が多いのではないでしょうか。月極駐車場は、マンションやアパートを借りる時に一緒に契約できるものと、個人で駐車場を契約するものとの二通りがあります。

契約するには賃貸を借りる時と同じく、不動産屋を通して契約することになります。マンションやアパートを借りる時に一緒に借りることができる月極駐車場は、契約先が違う場合があるので注意が必要です。賃貸とは別の駐車場も考えるならば、契約書に目を通し、何かあった時の連絡先や契約先を確認しておきましょう。

駐車違反のトラブルや、車両に関する問題などが起こった時に、苦情や相談などができるようにしておくことが重要です。

Copyright © All Rights Reserved · Green Hope Theme by Sivan & schiy · Proudly powered by WordPress