月極駐車場は小さな不動産物件

“小さな不動産物件である月極駐車場ですが、その契約形態は多種多様だと思った方がいいでしょう。
賃貸アパートなど人が住むための物件と同じように、敷金や礼金を必要とする場合もありますし、賃貸料だけで借りることが出来ることもあります。基本は、賃貸料だけでなく保証金などが必要だと考えた方がいいようです。

月極駐車場の多くは、余った土地を活用するために駐車場にして経営していることが多いため、契約などを代理で請け負っている不動産屋によっても大きく変わってきます。不動産屋を通すと紹介料や仲介手数料が掛るのは、賃貸アパートと変わりません。

貸主によって契約解除の期限や内容もかなり差がありますが、基本的に賃貸料は前払いだと思っていた方がいいでしょう。もちろん、遅延や延滞をすると問答無用で契約を解除されることも多いです。賃貸アパートとは違い、人が住むために必要な、電気や水道など様々な契約がない分、貸主によってはあっさりと契約解除になってしまうこともあるので、注意が必要です。”

青空月極駐車場で多いトラブル

“月極駐車場は、一番簡単で安易な不動産契約になっています。場所によっては、契約当日から使用出来たり、印鑑証明などややこしい手続きなしでも借りることが出来ることもあります。車庫証明などの必要な場合でも一週間も猶予をみれば、自由に使える駐車スペースを確保することが可能です。

その手軽さの半面、トラブルも多いのが月極駐車場です。特に屋根や柵などで区切られていない青空駐車場などの場合、無断駐車の被害が後を絶ちません。空いている場所だから停めても構わないという心境から、気軽な気持ちで停める場合が多いようですが、月極駐車場である場合は、お金を払ってその場所を借り受けている人がいるという状況なので、無断駐車はかなり大問題です。

多くの駐車場では、無断駐車を見つけた際には罰金を科すと看板などで忠告しているところが多く、見つけ次第、張り紙などで忠告を行っているところもあります。もし、無断駐車で停めることが出来ないなどの損害があった場合は、ただちに不動産屋や貸主に連絡を取りましょう。”

月極駐車場と車庫証明

“月極駐車場とは、一か月にいくらという契約を結び、自分専用の車を置くスペースを借り受けるものです。
特に、車の購入を考えている場合は、車を置く場所が確保されているという車庫証明がなくては、車自体を買うことができないので、月極駐車場を必要とすることが多いはずです。

車庫証明は道路以外の場所で、車を置く場所を確保しているという証明書のことです。自宅から2km以内の位置にあることが求められ、道路から出入りができ、車全体が収容できるなど、いくつかの規定が存在します。

月極駐車場で車庫証明を取る場合は、借りている駐車場賃貸契約の写しや駐車場料金の領収書などが必要になります。また、契約書の記載が不十分である場合、貸主に保管場所使用承諾書を書いてもらわなくてはならない場合や、不動産業者の契約内容などで車庫証明について言明されている場合など、条件によって変わってくるため、駐車場の契約時の確認が大切です。

車を買うために駐車場を探す時は、車庫証明についても留意して探しましょう。”

車を買う時は月極駐車場の用意も

新車でも中古車でも車を持とうと思うと、必ず必要になるのが車を駐車するスペース、車庫証明が必ず必要になってきます。車を止める場所がなければ、車を買う資格がないということです。

自宅が一軒家などで駐車スペースがあればいいのですが、なかなかそんな好条件の家があるわけでもなく、
月極駐車場を借りて車を置く人が多いのではないでしょうか。月極駐車場は、マンションやアパートを借りる時に一緒に契約できるものと、個人で駐車場を契約するものとの二通りがあります。

契約するには賃貸を借りる時と同じく、不動産屋を通して契約することになります。マンションやアパートを借りる時に一緒に借りることができる月極駐車場は、契約先が違う場合があるので注意が必要です。賃貸とは別の駐車場も考えるならば、契約書に目を通し、何かあった時の連絡先や契約先を確認しておきましょう。

駐車違反のトラブルや、車両に関する問題などが起こった時に、苦情や相談などができるようにしておくことが重要です。

駐車場の広さはどのくらい必要?

駐車場の広さってどのくらい必要なんでしょう?
基本は1台につき約23m2(7坪)だそうです。

1台分の広さって法律で決まってたんですね。
この広さは知りませんでした。中には知ってる人もいるんでしょうね。
1台分の広さを知っていれば、地主さんなどは7坪×停められる台数で月極駐車場にしてサイドビジネスもできるんではないんでしょうか?

立体駐車場も同じで土地がそんなに広くなくても立体にすればかなりの数の車が停められます。
この中で時間貸し駐車場と月極駐車場の割合を決めて経営する感じですね。

また、私は知らなかったんですが、駐車場を作る時に絶対作ってはいけない場所があるんですね。
交差点やバス停、踏み切り、横断歩道などの付近は駐車場の広さを確保してても国からの許可がおりないそうです。

ただ、先ほどあげた場所よりも距離をあけていれば設置は可能なんだそうです。
その距離はだいたい5メートルから10メートルくらいなんだそうです。
確かにバス停の近くでも駐車場までは距離がありますね。

こういうことだったんですね。始めて知ることばかりだったので、駐車場の設置に関したことも書いてみました。
一番の驚きは車1台分の広さが7坪ってことでした。
これを基準にして停める台数を決め、駐車場を設置するんですね。

管理人の仕事って難しいの?

駐車場の管理人の仕事って難しいんでしょうか?
よく駐車場に車を停めたりすると、場所によってなんですが、常駐している人を見かけたりしませんか?
この人達は管理人さんなんでしょうか?それとも雇われている方たちなんでしょうか?

色々疑問が浮かんでくるんですが、管理人の仕事がどういうものなのか気になったのでちょっと調べました。

駐車場の管理人さんの仕事は、月極駐車場の管理はもちろんなんですが、契約や解約などの手続きだったり、
先ほども書いたように場所によって駐車場に常駐している管理人さん、もしくは雇われているかたがいる事もあるみたいです。

また不動産会社が管理している月極駐車場も雇われてる人がいるみたいです。
不動産会社は幾つもの駐車場を管理しているのでそれぞれの担当者が自分の担当の駐車場の状況を把握しておかなければならないそうで、何かあった場合にすぐに対処できるようにだそうです。

担当している駐車場ってどのくらいあるんですかね。
管理人の仕事については疑問だらけになってしまいましたね。
これで分ったことは管理人の仕事って難しくもあり、簡単でもあり、両方を備えた仕事だということです。

月極駐車場を探すためのノウハウ

月極駐車場を探すときってどう動きますか?
自宅の近くに借りたいと思っていても、「すでに契約者が決まってた」なんていうことはないですか?
私が聞いたのは「月極駐車場を探すためのノウハウ」があるらしいです。

かなり詳しく聞いたわけではないんですが、一言で言うなら「とても簡単」と言ってたようなき気がします。
駐車場を決めるときは「妥協」という言葉は必ず必要だそうで、自分の希望を管理会社に伝えても、契約者が希望とする場所はないと聞きます。
どこかで妥協しなきゃいけない場面にあたるそうなんです。

何でもそうなんですが、物事を決める時にはどこかで妥協している事ってないですか?それと同じだそうです。
「自宅からちょっと遠いけど、契約金は安いし、」セキュリティーもしっかりしている」こういう条件だと、「自宅からちょっと遠くても妥協して契約しようかな」という思いになります。

また、不動産会社のホームページや管理人など、連絡をこまめに入れて空いてる状況など色んな情報を集めて駐車場を探すのが「月極駐車場を探すためのノウハウ」だそうです。

安い駐車場には必ず理由がある

車の免許を取得し、車を買うとなると車庫証明が必要になってきますね。
自宅に車を停めるスペースがなかったりすると自分の本意ではなくとも、空いている月極駐車場を見つけないといけないんです。

さて、月極駐車場ってかなりの数をみかけるんですが、車が満車になってるところって皆さんは見たことありますか?
あまり見かけない光景ですよね。

それでも契約金は安かったりするんです。
安い駐車場には必ず理由があるんですよ。
何故だと思います?それは、「駐車場までの距離が長い」というんですね。
確かに自宅、会社から遠いと暗い夜道は危ないですよね。

他にも、「駐車場の照明が薄暗くて怖い」駐車場が薄暗いと盗難や窃盗にあう可能性も考えられます。
「管理が行き届いてない」駐車場の敷地内に草が生えた状態だったり、機械の故障の放置、などの理由もあります。

利用したいのにこういう状況だったら借り手がいないのは明白なんです。
この状態でも借りてはいるかもしれませんが、車庫証明のためだけに借りるのか知れません。

「安い駐車場には必ず理由がある」というのはデメリットが目に見えている駐車場のことなんですね。

駐車場の解約が多くなってきた理由

月極駐車場の解約が多くなってきた理由、皆さんはわかりますか?
最近、必要のない車を手放す方がおおいそうですね。
また、「車は無駄な出費」と考える方が増えてきた事も理由の1つですね。

月極駐車場は月単位または年単位での契約になっているので、解約をしたい場合は最低でも1ヶ月前位に管理人さんに届けなくてはいけないそうです。

今は若い人も免許証は取るんですけど車は親が使用している車か、最近流行のカーシェアをする人が増えたそうなんですね。
そういう理由で月極駐車場の解約が増えてきてるんですね。
車がないのであれば駐車場を借りる必要もないですしね。

ただ、駐車場の管理人さんにとっては解約されることは、かなりの痛手になりますね。
また、管理人さんは契約をしていた人が解約の申し出をしたら、次の契約の募集を始めるそうなんです。
が、ここで注意しておかなければならないことは、1度解約を申しでたらこの解約を取り消すことができないそうです。

ここにきて駐車場の解約が多くなってきた理由がやっとわかりました。

駐車場経営で月極とコインパーキングの収入

駐車場経営で月極とコインパーキングの収入についてなんですが、どちらが安定した収入になるんでしょうか?

「月極駐車場」は車1台につき1ヶ月契約、半年契約、1年契約など契約の種類はあるんですが、契金額がすでに決まっているので、契約した金額以上のお金をもらうことはありません。

「コインパーキング」は車1台の契約ではなく停めている時間での金額になります。
だた、コインパーキングは自治体や会社によって決められている金額が違うので収入の個人差はあるとおもいます。

これだけで見てみると、コインパーキングのほうが収入はいいみたいですね。
ただ、メリット、デメリットがどちらにもあるそうなんです。
「月極駐車場」のメリットは清算機や車輪止めなどの機械を導入しなくていい。

デメリットは車1台の契約になってるので、契約解除されれば、収入は不安定になってくる。
「コインパーキング」のメリットは30分もしくは1時間とかの時間で金額設定されているので利用者が多いと高収入になる。

デメリットは初めに清算機や車輪止めのなど高額の機械購入。
料金の踏み倒しがあげられます。

機械を購入したことで、初めは不安定になるかもしれないそうなんです。
ただ、毎日、何十台、何百台と利用してもらった高額収入につながるんでしょうね。

メリット、デメリットを考えると、駐車場経営で月極とコインパーキングの収入ってコインパーキングの方が経営収入があるんではないでしょうか。

Copyright © All Rights Reserved · Green Hope Theme by Sivan & schiy · Proudly powered by WordPress