経営方針から見た月極駐車場

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 経営方針から見た月極駐車場
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
経営方針から見た月極駐車場月極駐車場検索の極意

駐車場には、使用する期間を契約条件にした分類がある。
時間貸し、日貸し、そして、月極駐車場。年契約の駐車場。

時間貸し、日貸しの駐車場は都市部や駅周辺、商業地に多く見られる駐車場で、
コンセプトは「いつ、誰にでも、何度でも」を掲げて、
駐車スペースを提供しようと考えた駐車場です。

これに対して、月極駐車場は一月単位で、
契約したものだけにスペースを提供する形態で、
「いつ、誰にでも、何度でも」という考え方とは、全く逆の発想に基づいています。

経営する側から見ると、
月極駐車場の方が安定した収入が得られるように見えるのですが、
満車の状態であれば問題ないでしょう。
一般に来月も継続して契約を更新する場合が多いようですから。

しかし、個人貸しの場合には、
転勤などによる引越時期には、解約が集中したり、
法人貸しの場合には、
特に不況が続いたりすると、支店等の統廃合による大量の解約が発生したりします。

いずれにしても、すぐ新しい契約があれば問題ないのですが、
どうしても空白期間ができてしまい、一概に安定経営が楽にできるとは限らないようです。

Copyright © All Rights Reserved · Green Hope Theme by Sivan & schiy · Proudly powered by WordPress